紙巻きタバコから電子タバコへ移行するメリット


電子タバコの基礎知識

喫煙場所の削減やタバコの値上がりなど愛煙家にとって厳しい状況が続きタバコ離れをする人が年々増えています。こうした状況の中、新型タバコとして注目を集めているのが電子タバコです。電子タバコは紙巻きタバコに比べ、健康被害が少ないというメリットがあります。そのため、タバコはやめたくないけど健康面は気になるという理由で電子タバコに切り替える人も相次いでいます。とは言え電子タバコが流通するようになってからまだ日が浅く、健康への影響が明確になっているわけではないので吸いすぎには注意が必要です。

紙巻きタバコとは違う電子タバコならではのメリット

電子タバコが注目されているのには健康被害が少ないというだけでなく、ほかにも様々な理由があります。火を使う紙巻きタバコよりも煙や臭いが少なく、部屋が汚れる心配もないというのも特徴の一つです。また火を使わないため火災につながる危険も回避することができます。火を使わないと言ってもどこでも吸っていいという訳ではないため、マナーを守りながら吸うことが大切です。

専用リキッドの種類や購入の仕方

電子タバコを吸う上で本体以外に欠かせないのが専用のリキッドです。リキッドの種類は定番のタバコ味やメンソールのほか、フルーツ系やスイーツ系など豊富な種類の中から自分の好みに合わせて選ぶことができます。専用のリキッドはコンビニや通販サイトなどで手軽に手に入れることが可能です。電子タバコ自体のお手入れを怠るとリキッドの味が落ちてしまうこともあるので、定期的なメンテナンスが必要になります。

電子タバコ用のリキッドのうち、ニコチンが含まれるものをニコチンリキッドと言います。国内で販売されているリキッドはニコチンが含まれないものが基本ですが、個人輸入代行を利用すれば日本でも購入できます。