意外と知らない?カーテンの役割と選び方!


カーテンの役割とは?

窓のある部屋にはほぼ必ずあると言えるほどカーテンは身近なものです。日光を遮ったり、外からの視線をシャットアウトしたりと、重要な役割を担っています。しかしカーテンにはあまり注目されていない役割がまだあるのです。それはインテリアとしての役割です。カーテンは窓を覆うため、部屋の壁でも専有面積が広い重要な部分です。模様替えをしようと思っても壁紙を変えるのは難しいですが、カーテンは付け替えるだけ!インテリアとしてのカーテンの役割を意識し、部屋のトータルコーディネートに合ったカーテンを引いてみましょう。

カーテンの選び方とは?

カーテンは生活に不可欠なものです。インテリアとしてのみでなく、機能性も確かめてカーテンを選びましょう。カーテンには遮光カーテンか、そうでないカーテンかのどちらかに分類されます。遮光カーテンは3つの等級で分かれていて、1級遮光のカーテンが最も光を通しづらいように作られています。一方遮光でないカーテンでも外からの光を遮り、視線を遮断する効果はあります。しかし夜のように外が暗くなった後、部屋の電気を点けると外へ影が映ってしまうことがあります。女性の一人暮らしや、部屋の中で人が動く様子を外には知られたくないという場合には遮光カーテンを導入すると良いでしょう。

カーテンは簡単に模様替えが出来る壁のようなものです。部屋のインテリアの一部としてコーディネートを考え、さらにそれぞれの生活スタイルに合わせた機能で選んでみましょう。

カーテンは外部から室内の様子を遮断したり、インテリアの一部として使うなど様々な活用方法があることでしられています。