生涯現役!?機械式時計のメンテナンスってどうやるの


ケースや風防の掃除方法

パーツの説明としてケースは時計本体のことで、文字盤の上にあるガラスなどの覆っている部分を風防と言います。埃や手垢などの汚れであれば、超極細繊維マイクロファイバー製やセーム革などの傷が付きづらいクロスを使用して拭き取って下さい。しかし、水拭きはオススメできません。それは、ケース内のムーブメントなどが錆びてしまう可能性があるからです。長く使いたいのなら水拭きはやめましょう。同じように汗をかいてしまった後は、必ず乾拭きをするようにして下さい。

ベルトのメンテナンスの方法

機械式時計に使用されているベルトの種類によって、メンテナンスの仕方が違います。始めに金属製の場合は手垢や皮脂などが隙間に入ってしまう可能性が大いにありますので、そのような時は中性洗剤を使って洗いましょう。もちろんこの時は、本体であるケースとベルトを分けて下さい。さらに綺麗にしたい場合は超音波洗浄機を使いましょう。次に革製の場合は、カビを防ぐために湿度の低い乾燥した場所で保管することが鉄則です。表面が乾燥してきたら、クリームを使って保革をして下さい。また、革製の場合は連日使うのを避け、少し休ませることも必要です。

ムーブメントの手入れは業者にお任せ

機械式時計の核となる部分である、ムーブメントはゼンマイや歯車などの大量の細かい金属部品で出来ているので、長く使っていると錆や摩耗、油切れなどが起こります。だから、定期的なムーブメントのメンテナンスであるオーバーホールが必要です。決して素人が手を出してはいけない部分なので、専門の職人や業者にお任せしましょう。

パテックフィリップはスイスの老舗の時計店で、世界でも最も高級な職人の手作りによる時計です。精度も抜群で代が変わっても使えます。