地球に優しい環境を目指して会社として努力する


ちょっとした工夫が地球を救う

年々、四季折々の季節感が昔に比べると薄れてきています。地球温暖化の影響が出始めているといっても過言ではありません。とても便利になっている世の中ですが、自然という意味では逆行して突き進んでいるような状態でしょう。ですから、天候も気温も昔と今では大きく変わっています。ひとり一人がもう少し自覚を持ち、地球温暖化を防ぐ努力をしていくべきですが、ひとつの取り組みとして企業単位でできることがあります。それは、屋上緑化というプロジェクトになり、会社が入っているビルの屋上を緑化することで、ビル全体の温度を下げる効果が期待できます。ビル全体の温度を下げることができれば、ビルの中で使われる冷房の節約に繋がるでしょう。また屋上緑化を行って屋上で休憩時間等過ごせれば、何気ない休憩も緑の中で休めるので、ちょっとした癒しを生み出すこともできます。屋上緑化にはさまざまなメリットが生まれます。

自社ビルでないとだめなのか

基本的に屋上緑化は屋上に緑を敷き詰める形になりますので、ビルを所有するものが行うことができますが、賃貸事務所としてビル内のワンフロアー等を借りている側が勝手に行うことはできません。借りている立場の人が勝手に屋上緑化宣言をして屋上を緑化しはじめたら問題になるでしょう。ですから、ビルのオーナーの許可は必要となります。できるだけ多くのビルでこの屋上緑化ができると良いですね。ひとり一人が立ち上がり同じ方向を向き行動すれば、それはとても大きな力になるでしょう。

屋上緑化とは、建物の屋根や屋上に植物を植えることです。建物の景観を良くする、日差しを防ぐなどの効果があります。