機械式時計はどんな魅力があるの?時計を買う人は知っておこう


スーツと相性が良い商品

機械式時計はかなり古くから使われているもので18世紀から19世紀ごろに小型化が進み登場した商品です。19世紀の後半くらいに、持ち運ぶことができるように改良されたのが腕時計の始まりと言われています。
現在はクォーツと呼ばれるものが主流となっていますが、まだまだ機械式時計は需要があります。特に高級ブランドの商品になると、高額なものはほとんど機械式を採用しているのが特徴です。見た目に高級感のある仕上がりとなっていてクォーツにはない独特の風合いが魅力と言えます。
機械式時計のメリットは普段着だけでなくスーツにも似合う部分です。落ち着いた大人のスタイルにマッチするものなのでスーツとの相性は抜群と言えるでしょう。年齢に関係なく利用できるため1つ持っておけば末永く利用できるのも強みです。
機能的なものも用意されているので必見と言えます。たとえば永久カレンダーは長い期間カレンダーを修正する必要がない複雑な作りをしているのが特徴です。社会人なら持っておいて損がないものなので購入してみましょう。

ベルトにもこだわろう

時計は本体だけなくベルトも重要です。若い人ならステンレス製のものが良いですが年配の方なら革製のベルトがしっくり来ます。特に革製のベルトはスーツと相性がよく大人の雰囲気を作ってくれるので必見です。
一方ステンレスや金属製は劣化することがなく末永く利用できます。特にデスクワークをしている人に良く、ベルトが机に触れても皮のように擦り切れる心配もないです。

ウブロ(Hublot )は、スイスの高級時計メーカーです。「フュージョン(融合)」をアイデンティティとし、伝統と革新性を融合させたデザインの腕時計を制作しています。